飲み物

ミネラルウォーターのコスト

みなさんよく口にするミネラルウォーターですが、実際に水の成分って気にしたことってありますか。
普段飲む水ですが、おいしい、おいしくないなどという判断はあっても、何の成分が入ってるんだろうねぇと気にすることってあんまりないですよね。
意外と何が入っているか知らない方って多いかと思います。

実際に、水道水と同じ成分であればわざわざお金を払ってまで買って飲むというのは無駄ですよね。
何かが違うから購入してまでも飲んでいるのですが成分まで詳しく理解して飲んでいるでしょうか。
お金を払ってお水を買うわけですからどういった性質を持っているかしっかりみていきましょう。

ミネラルウォーターとは、地下水を原水としている飲料水のことをいいます。
ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムといった成分が含まれていて、ミネラルウォーターの種類によってこれらの成分の配合が変わっています。
また、硬水や軟水などの分類にもわけられ水の種類によっては全く違う性質をもっているので押さえておきましょう。

日本人が日常生活で飲用したり、なじみのあるのが軟水であり、硬水は美容やダイエットなどのために飲んでいる方が多いようです。
硬水はカルシウムやマグネシウムが多く含まれていますので、運動後などの水分摂取にも効果的であるといわれています。
ただ、硬水はあまり飲みすぎるとお腹を壊すことがよくあるので注意が必要となります。

硬水も軟水もコスト的にはあまり変わりませんが軟水よりは種類が少なめになりますので、選ぶ際にはきちんと表示を確認して購入するようにしましょう。
お水全体の価格としても比較的安価なものから高価なものまで、本当に沢山の種類がありますので一概にいうことはできませんが、
日常に飲用する水を購入する際にはなるべく安くおさめたいのも実際にはありますよね。
健康にも良い水を選ぶのももちろんですが、無理のない範囲によりよい水を探してみましょう。