飲み物

軟水と硬水の違い

水には様々な種類があるのはご存知ですよね。
最近では、スーパーやコンビニにも沢山の種類の水が売っています。
水の性質をしっかりと理解していなければ、何を買っていいのかわからないですよね。
そこで今回は水の種類の中でも硬水と軟水の違いについてみていきましょう。

まず硬水と軟水の違いは、カルシウムとマグネシウムの量の違いによって変わってきます。
水100mlに含有されるカルシウムとマグネシウムの量を炭酸カルシウムの濃度に換算した重量であるdHまたは、水1Lの中の硬度を酸化カルシウムの重量に換算したしたものであるppmの
どちらかの数値が変わることによって軟水か硬水に分けられます。

日本人には、軟水が好まれている傾向にあります。
そこでまずは、軟水について見ていきましょう。
軟水は口当たりがやさしく、飲みやすい水といわれています。
水自体がやさしいので、素材そのままの味に邪魔をすることがないので料理に使いやすく、赤ちゃんのミルクや紅茶やコーヒーなどの味を楽しむ飲料などに適しているといわれています。

上でもあげたように赤ちゃんのミルクにも使え身体に負担をかけない水といわれていて、高齢者などにもオススメです。
浸透が早く吸収性に優れているといわれていることから、老廃物の排出を促す効果もあります。
また飲料としての利用の他にも、泡立ちが良いという性質を活かし洗濯や浴用にも向いているといわれています。

続いて硬水についてですが、硬水は健康に良いと飲んでいる方が多く、スポーツをした後のカルシウム補給やダイエット効果や便秘解消に効果があるといわれています。
しかし胃腸に負担をかけやすいので、胃腸が弱い方や抵抗力が弱いとされている方は、お腹を壊す場合がありますので注意してください。

硬水は水自体に特徴が強くあるので、料理で使用する際には注意が必要となります。灰汁がでやすくなるということから、灰汁が多くでる料理には適しているようです。
また、和食料理の場合は、炊飯はパサパサになってしまったり、素材の苦味やえぐみを強調してしまうために向いていないといわれまついますが、
洋風の料理やパスタを茹でる際にはコシがでるといわれていますので、料理の際には使い分けに注意しましょう。
また、軟水とは逆で石けんなどは泡立ちにくいとされています。