飲み物

ミネラルウォーターの成分

水分を摂取する上で、水といいますとだいたいの場合はひとくくりにされることになるのでしょうが、
この水には成分があり、この成分によって色々と違いがあります。

まず、全く成分の含まれない水は、ピュアウォーターといいまして、
この水は、色々な成分が全く含まれていません。
身体の弱い方が飲む場合や、お料理に向いているといわれています。

海洋深層水は、文字通り、海の深い場所にある水で、
大変栄養のあり、塩分を除くなどしまして、飲用にしています。

さて、だいたいのミネラルウォーターに含まれる代表的な成分は、
カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムになります。

この成分の中で、特にカルシウムとマグネシウムの多く含まれている水は、
栄養分は高いですが、その分、硬度が高くなってきます。

硬度といいますのは、水を飲む際に一般的に「飲みやすい」と感じられるものと、
「何となく飲みにくい」と感じられるものがあるかと思われるのですが、
「飲みにくい」と感じられるものほど硬度が高くなります。

しかし、慣れてきますと、気にならなくなるケースもあります。
これは、日本人は一般的に、軟水といわれる
カルシウム、マグネシウムの含まれる割合の低い水に馴染んでいることもあります。

硬度が高い水は、ヨーロッパの水に多くあります。
ミネラルウォーターは、このように成分に違いがあり、ダイエットや美容のため、
またはカルシウムを補給するなどの目的で選ばれるケースもよくあります。

美容やダイエットといった目的の時には、硬度が高く、
カルシウムやマグネシウムの多く含まれた水が選ばれることが多くなります。

また他にも、サルフェートやバナジウムといった成分の含まれるミネラルウォーターもあります。
サルフェートは、代謝促進、デトックス効果、美肌効果が期待できます。
バナジウムは摂取のし過ぎには注意が必要ですが、
代謝促進や、血糖値低下の効果なども期待され、美容にも良いとされています。