飲み物

水で体調不良改善

水といっても様々な種類があり、実際の効果としても水の種類によって異なります。
水を買う時代となっている今、人間の原点ともなっている水についてもう少し知識をもっていた方がいいのかもしれません。

そもそも、人間の体の60%は水でできているのはみなさんご存知ですよね。
人間の体には深い関わりのある水ですが、みなさんはどうやって水を摂取していますか。
もちろん料理をする時や、ジュースなどの甘味飲料のそもそもは水からできているものも多くあります。
しかし、水を使用した料理、飲料を食べたからといって、水を摂取したという感覚にはならないですよね。

まず、みなさんはどういった時にお水を飲みますか。
日常的に飲用している人や、ダイエットや美容のため、様々な飲用の仕方をしているかと思いますが、人の体にとってどんな影響を及ぼしてくれるものなのかみていきましょう。
みなさんは体調が悪くなった時に、1番に何を必要としますか。薬、熱がでたらスポーツドリンク、栄養剤、栄養のある食事など体調が悪くなった時に必要とするものは多くあります。
しかし、もちろん有効的であることはいえますが、実際にはそういったものを摂取することによって人間本来の自然治癒力が低下しているともいえます。

そもそもの体調が悪くなる原因というのは、運動不足や睡眠不足、不摂生などからくるものです。
そういった時には、まず水を飲むことで血液をさらさらにして、体調が悪くなった原因ともいえる体の悪いものを流し、水分もしっかりととることができるので、
何より体に負担をかけずに自然治癒力を引き出すことができるのです。
風邪の時は水より栄養剤となると、一時的効果はあるかもしれませんが、体の水分は奪われてしまうため悪循環になってしまうので、まずは水を飲んで体内を整えてから
摂取するようにしましょう。

人間の体の原点である水は、体の源となることは間違いありません。
まずは基本にかえり、水の大きな力を利用して、体調管理に気をつけましょう。